MENU

カードローン【審査が甘いところはある?】審査の基礎知識を解説

カードローンを利用するには申込条件をクリアするだけでなく、各金融機関が実施する所定の審査を通過しなければいけません。

 

審査は申込時に入力した情報や過去の返済実績などを通じて行われ、同じ年収、勤続年数の人であっても審査を通過できる人とできない人に分かれます。

 

今回は、カードローン審査の流れと、審査に関する基礎知識を解説します。

カードローンの審査の流れ

カードローンでは、審査の際には以下のような属性情報の入力が必要です。

    • 氏名
    • 生年月日
    • 住所
    • 電話番号(固定・携帯)
    • 希望する利用可能枠
    • 職業
    • 年収
    • 他社借入額

    また、申込する全員が以下のような本人確認書類の提出が必要です。

    • 運転免許証
    • パスポート
    • マイナンバーカード
    • 在留カード など

    提出できる本人確認書類は金融機関ごとに異なるため、申込前に確認してあらかじめ手元に揃えておきましょう。

     

    また「借入希望額が50万円を超える」「借入希望額とすでに他社で借入しているお金が100万円を超える」といういずれかの条件を満たす場合は、収入証明書類の提出も必要です。

    • 確定申告書
    • 課税証明書
    • 源泉徴収票
    • 給与明細書(直近2ヶ月分)
    • 納税通知書 など

    これら提出された情報をもとに審査が行われます。

    カードローンの審査に関する基礎知識

    カードローンの審査は金融機関ごとに異なりますが、基本的な項目に関しては共通している部分もあります。

     

    少しでも融資を受けられる可能性を高めるために、どんな審査が行われるか知っておくことは大切です。

     

    そこで、ここではカードローンに関する基礎知識を学んでいきましょう。

    主なチェック項目は3つ

    審査内容は金融機関ごとに異なり、その詳細はどの金融機関でも公表されていません。
    しかし、一部については分かっていることもあります。

     

    カードローンの審査として、主に以下の3つの内容をチェックされることを覚えておきましょう。

    • 返済能力(属性情報)
    • 他社借り入れ状況
    • 信用情報

    返済能力(属性情報)

    審査においては信用情報と並び、返済能力が求められます。

     

    なかでも重要なのが安定した年収です。

     

    アルバイトのように毎月の収入が安定しておらず、シフトに次第で収入が減ってしまう職種の場合は毎月安定して給与を受け取れる正社員や公務員と比較して審査で不利になることが考えられます。

    他社借り入れ状況

    他社からの借入額も、カードローンの審査では重要な要素です。
    なぜなら消費者金融や信販会社は総量規制の対象であるためです。

     

    年収の3分の1までしか融資を受けられないため、すでに他社で年収の3分の1以上の融資を受けていると審査を通過することはできません。

     

    銀行は総量規制の対象外であり、審査次第では年収の3分の1を超える融資も可能です。
    しかし最近では総量規制と同等の審査基準を設けている銀行もあります。

     

    銀行ならいくらでも融資を受けられるわけではないことは覚えておきましょう。

    信用情報

    信用情報はローン、クレジットカードなどに関する取引の記録のことです。

     

    カードローンやクレジットカードはいずれも無担保で融資を受ける商品であるため、返済能力を証明するためには本人の信用が最重要になります。

     

    信用の判断は、指定信用情報機関に記録されている信用情報によって行います。

     

    日本では以下の3つの信用情報機関があり、銀行・消費者金融・クレジットカード会社などによって情報を保管する組織が異なる場合があります。

    • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
    • 日本信用情報機構(JICC)
    • 全国銀行個人信用情報センター(JBA)

    一方、返済の延滞に関する情報は3つの組織で共有されています。
    過去にクレジットカードで返済延滞を発生させたことが、カードローンの審査に影響を与えることもあるのです。

    審査を受ける前にクリアするべき申込条件

    満20歳以上であること

    カードローンの場合、原則として満20歳以上であることが前提条件です。
    これは銀行でも大手・中小消費者金融のいずれでも変わりません。

     

    逆に言えば、満20歳になっていれば学生でも融資を受けられるということでもあります。

    定期的な収入があること

    定期的な安定収入があることが申込のための前提条件です。
    つまり、無職の場合は審査を通過する以前に審査を受けることができないということになります。

     

    また定期的に受け取っているお金であったとしても仕送りはNGです。
    あくまでも自分で働いて収入を得ていることが必要です。

    無審査のカードローンはない

    銀行系や消費者金融系や信販系などさまざまな種類のカードローンがありますが、無審査で融資を受けられるカードローンは存在しません。
    必ず審査を受ける必要があります。

     

    審査をしない場合は利用者の返済能力を判断できません。

  • 審査なしで融資する場合、借りた人がお金を返済できない貸し倒れに陥る可能性が高くなります。

    事前の審査で返済能力をチェックすることで貸し倒れのリスクを未然に防いでいるのです。また、審査なしの融資で困るのは利用者も同じです。
    利用者の返済能力を超えた融資を行ってしまうと債務整理や自己破産につながる恐れがあります。
    利用者を守るためにも審査は必要です。

    審査が甘いと断言できるカードローンはない

    「消費者金融は審査が甘い」など、一般的な評判を見かけることがあるかもしれませんが、「〇〇の金融機関の審査は甘い」と断言できるような根拠はありません。

     

    よく見かけるのは,中小の消費者金融は審査が甘いというものですが、審査の詳細が公表されていない以上、審査が甘いとは断言できません。

     

    むしろ大手の消費者金融と比較して資本が少ないことで、貸し倒れが起こった際のダメージは大きくなります。
    返済能力に関する審査は、むしろ慎重に行われると思っておくべきでしょう。

    柔軟に審査を受けられる可能性はある

    一方で、大手の消費者金融では審査を通過できない人でも、中小であれば審査を行うことがあります。

     

    過去5年以内に61日以上の返済延滞を発生させた人は信用情報に異動情報が記載されている状態です。
    通称でブラックと呼ばれまており、大手の場合は基本的に審査を通過できません。

     

    一方の中小では審査を行う場合があります。

     

    これは審査が甘いからではなく、中小の消費者金融が現在の返済能力を重視する傾向にあるためです。

     

    過去に返済の延滞をしていても、現在の返済能力がしっかりしている人であれば審査を通過できる可能性があります。

    消費者金融の成約率は40%強

    消費者金融の審査が甘いといえない根拠として成約率が挙げられます。
    成約率とは、審査に申し込んだ人のうち審査を通過した人の確率のことです。

     

    大手消費者金融では公式WEBサイトのIR情報で成約率を公表しています。

     

    この成約率を見ると、月によって違いはあるものの、おおむね40~45%の間であることが分かります。

     

    つまり、2人に1人以上が審査を通過できないということです。
    この事実をみても審査が甘いとはいえないことが分かるでしょう。

    審査が必要な理由

    返済能力のチェック

    前述したとおり、カードローンを提供している金融機関は貸したお金を返してもらったうえで利息を受け取ることで初めて利益になります。
    そのため絶対に返済してもらう必要があります。

     

    そこで最重要になるのは申込者の返済能力です。

     

    返済能力は申込情報で入力した内容を審査することで行われます。

    • 年収
    • 勤務先情報
    • 勤続年数
    • 扶養家族の有無
    • 持ち家の有無 など

    金融機関の基準に照らし合わせ、返済能力があると判断できた場合にのみ融資が行われます。

    総量規制に該当するか確認している

    日本には無数の法律が存在しますが、その中で消費者金融や信販会社が遵守するべきなのが貸金業法という法律です。

     

    貸金業法には「貸金業者は申込者の年収3分の1までしか融資してはいけない」と定められています。
    これが総量規制です。

  • 個人の過剰な借入を防ぐためのしくみであり、総量規制に該当する人に融資した消費者金融や信販会社は営業停止などの行政指導の対象になります。例えば年収300万円の人が融資を受けられる金額は最大でも100万円です。

     

    また、総量規制は1社につき年収3分の1ではありません。
    他社ですでに50万円を借入している場合、新しく融資を受けられるのは最大でも50万円です。

    カードローンの在籍確認とは

    カードローンの審査では必ず在籍確認が行われます。
    在籍確認は申込時に申告した企業に本当に勤務しているかを確かめる手続きのことで、返済能力があるのかを確かめるために必要です。

     

    在籍確認はカードローンを検討している方にとって、ネックになりやすい事柄でしょう。
    しかし、何が行われるのかを理解できれば、過度な心配は無用です。

     

    ここでは在籍確認の基本的な流れを解説します。

    主には電話がけによる在籍確認

    在籍確認は原則として職場への電話がけによって行われます。

     

    職場への電話がけというと「周囲にカードローンの利用が知られるのは避けたい……」と考える人も多いのではないでしょうか?

     

    しかし実際には、以下のような理由から電話が原因で職場にバレることはありません。

    • 個人名で電話がかかってくる
    • 電話の目的を第三者に告げることはない

    誰からどんな要件の電話か分からないような配慮がなされているのです。

    書類による在籍確認も可能

    ほとんどの銀行・消費者金融では電話による在籍確認が行われますが、なかには最初から電話による在籍確認を行わないことが公式で明記されている金融機関もあります。

     

    たとえばアイフルです。

    在籍確認はありますか?

    原則として、お申込の際に自宅・勤務先へのご連絡は行っておりません。

     

    引用元:アイフル|よくあるご質問


    また、絶対に在籍確認を避けたいならSMBCモビットもおすすめです。WEB完結申込を選択することで電話連絡も郵送物もなしにすることができます。

     

    ただし、WEB完結申込を行うには以下の条件を満たす必要があります。

    • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座をお持ちの方
    • 全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証をお持ちの方

    この条件を満たすことで、電話による在籍確認は不要です。

     

    在籍確認は電話ではなく、提出した職場の健康保険証を通じて行われることになります。

    どうしても審査に落ちるときの対処法

    カードローンの審査はスコアリングシステムによってコンピュータが判断するため、スピーディな審査が期待できる反面審査は厳格です。

     

    どうしても審査を通過できない場合、どのような対応策があるのでしょうか?

    クレジットカードのキャッシングを利用する

    カードローンの成約率が40~45%であることを考えると、審査落ちになることは何も珍しいことではありません。

     

    どうしても審査を通過できない場合、クレジットカードのキャッシング枠を利用するのも1つの方法です。

     

    お持ちのクレジットカードにキャッシング枠がすでに設定されていれば、あらためて申込・審査を行う必要はありません。すぐにATMから現金を引き出せます。

     

    ただし、今の時点でキャッシング枠が設定されていない場合、申込と審査を経てクレジットカードにキャッシング枠を設定する必要があります。

    質屋を利用する

    カードローンの審査に落ちてしまう理由の1つとして、信用情報の傷があります。

     

    過去5年以内にカードローンやクレジットカードの延滞がある場合は、原則としてクレジットカードやカードローンの審査を通過できません。

     

    そこで利用を検討したいのが質屋です。質屋とは、担保になる貴重品(質草)を預けることで価値に見合ったお金を借りられる業者を指します。

     

    融資を受けられるかは担保の価値次第のため、本人の信用情報は加味されません。いわゆるブラックの人であっても融資を受けられます。

     

    品物を取り戻す気がないのであれば返済する必要もありません。

     

    ただし、品物を取り戻すためにお金を返済する場合、金利が最大で年109.5%とカードローンと比較して割高になるのが注意点です。

     

    また、借りられる金額は品物の価値次第のため、思った金額を借りられないこともあります。

    まとめ

    今回はカードローン審査の流れと、審査に関する基礎知識について解説しました。

     

    カードローンは申込条件をクリアするだけでなく、所定の審査を通過する必要があります。

  • 属性情報・信用情報・他社借り入れ額など審査内容は多岐に渡るため、審査通過のためには何を審査されるのかを理解しておくことが大切です。これから初めてカードローンを検討する方は、そのような審査が行われるか知るところから始めていきましょう。