おすすめの電子マネー付クレジットカード3選【選び方も解説】

キャッシュレス決済にはさまざまな種類がありますが、カードやアプリをたくさん利用するほど管理が大変になります。

 

「結局どの決済が便利なの?」と考えてしまう人も多いのではないでしょうか?

 

今回は2つの機能が1つになった「電子マネー付クレジットカード」の特徴と、おすすめの商品を紹介します。

日本のキャッシュレス決済は多様に進化中

クレジットカード

クレジットカードには「ショッピング枠」が設定されています。

 

手元にお金がない、あるいは口座にお金がないといった状態であっても、クレジットカード会社に代金を立て替えてもらうことで後払いが可能です。

 

ただし、利用には審査が必要です。
そもそも18歳以上(高校生は不可)でなければ申込することができないため、誰でも利用できるとは限りません。

キャッシング枠の機能もある

クレジットカードにはショッピング枠以外にも、ATMから現金を出金して借入できる「キャッシング枠」の機能も付帯させることが可能です。

 

キャッシング枠はクレジットカードを作るときとは別に審査が必要ですが、審査さえ終わっていればカードローンのように自分の好きなタイミングで別段の申込なしにお金を借りられます。

電子マネー

電子マネーといえば、Suicaなどの交通系ICカードが有名です。
基本的には「事前にお金をチャージしてその分だけ利用する」という事前チャージ型が主流になっています。

 

チャージ方法は現金・クレジットカードなどから手動でチャージするほか、オートチャージ機能が搭載されていることもあります。

 

後述するスマホ決済と比較すると「iD」をはじめとした電子マネーは先発のサービスのため、利用できる加盟店が多いのが特徴です。

 

小銭なしで買い物を済ませたい人にとって有力な選択肢になるでしょう。

スマホ決済

スマートフォンに専用のアプリを入れてQRコードを読み込むことで、決済することができる方法です。「PayPay」「LINE Pay」など、あらかじめ必要な金額をスマホ決済アプリにチャージして利用します。

 

残高に不足がなければ、スマホ1つで決済が完了する手軽さがポイントです。

 

現在では多くの店舗の決済方法として採用されているほか、今後も成長が見込まれます。

デビットカード

日本ではクレジットカードや電子マネーが主流ですが、海外ではデビットカードが主流の国も多くあります。

 

デビットカードで代金を支払うと買い物代金がその場で銀行口座から引き落としされるため、所持金以上に使いすぎる心配はありません。

 

銀行口座の残高までクレジットカードがなくても利用できるほか、審査も必要ありません。専業主婦や学生であっても利用することができます。

クレジットカードを選ぶなら「電子マネー機能付き」が便利

電子マネー付クレジットカードであれば1枚で両方の機能を得られるため、カードを増やさないで電子マネーが欲しいという人にもおすすめです。

 

なかにはiDカードなど、事前のチャージが必要ない電子マネーもあります。
クレジットカードの限度額の範囲内で自由に何度でも利用でき、使った金額はクレジットカードと同じ請求に含まれます。

 

一方で、交通系ICカード(Suica、TOICAなど)など、事前にチャージした金額だけ使えるプリペイド型も選択肢です。
「使いすぎが心配……」という人は、こちらのタイプがおすすめでしょう。

ポイントの2重・3重取りができる

電子マネーやクレジットカードでは、多くの場合100~200円の支払いで1ポイントが付与されます。

 

貯まったポイントは電子マネーのポイントであれば、電子マネーとしてチャージして使うこともできるほか、所定の商品に交換も可能です。

 

さらに「ポイントの二重取り」ができるのもメリットになります。
2重取りするための方法は「電子マネーをクレジットカードでチャージすること」です。

 

クレジットカードでチャージすれば、チャージした金額だけクレジットカードのポイントがもらえます。

 

ただし、電子マネーにチャージできるクレジットカードは種類が指定されていることが多く、どのクレジットカードでも良いというわけではありません。

 

電子マネー付クレジットカードであればほぼ間違いなくチャージできるため、気軽にチャージしつつチャージした分のポイントを貯めることができるというわけです。

 

そして支払いで電子マネーを使うことで、電子マネー分のポイントを受け取ることもできます。

 

さらに、会計前にお店独自のポイントが貯まれば、最大で3重取りが可能です。

オートチャージに対応

電子マネーは残高を把握していないと、店頭で使用したときに残高不足を指摘されることがあります。
不足分を現金で支払うことになるでしょう。

 

電子マネーで支払う目的の1つは「現金を支払わずにスマートな決済をすること」のはずですが、これでは本末転倒です。

 

そこで利用を検討したいのが「オートチャージ機能」です。

 

クレジットカードを持っていることで利用できるサービスで、「電子マネーを使ったときの残高が一定以下になった場合は自動で〇円をチャージする」という設定ができます。

 

ただし、オートチャージに対応しているクレジットカードは電子マネーごとに異なるため、利用するなら事前に対応するクレジットカードを持っているかは確認が必要です。

クレジットカードのポイントを電子マネーに交換できる

電子マネー付クレジットカードは、ポイントカードの機能を持っています。
1枚のカードのなかに「クレジットカードのポイント」「電子マネーのポイント」の両方が混在している状態です。

 

クレジットカードと電子マネーカードを別々に管理しているためポイントも別々ですが、一体型であれば2つのポイントを合算することで大きなポイントとして利用することもできます。

サイフがすっきりするメリットも

電子マネーとクレジットカードの両方を持つ場合、2枚のカードを財布に入れて持ち運ぶ必要があります。

 

一方の電子マネー付クレジットカードであれば、1枚に両方の機能が追加されています。
できるだけサイフをすっきりさせたい人に向いているといえます。

 

さらに財布に入れておく電子マネーカードを1枚に絞ることで、財布に入れたまま端末にタッチして決済も可能です。

電子マネー機能付きクレジットカードのデメリット

発行には審査が必要

交通系ICカードなど電子マネーだけの機能であれば審査をする必要はありませんが、クレジットカードは単体でも一体型でも利用には審査が必要です。

 

「一刻も早く使いたいのに、審査に落ちてしまうために利用できない」という事態は考えておく必要があります。

何回も申込するのは避けよう

クレジットカードの審査に落ちたからといって、次々に別の会社に申込することは避けたほうが良いでしょう。

 

何回も審査に落ちてしまうことで審査担当者に「何か問題があるのでは?」と思われ、かえって審査を通過できなくなる可能性があります。
いわゆる「申し込みブラック」と呼ばれる状態であり、申込を繰り返すほど不利になります。

紛失した際のリスクが大きい

電子マネー付クレジットカードのデメリットとしてもっとも大きいのは「紛失したときのリスク」です。

 

電子マネーは利用するときにサインや暗証番号を打ち込む必要がなく、誰かにクレジットカードを拾われると使われてしまう可能性があります。

 

万が一紛失してしまった際は、速やかにクレジットカード会社に連絡しましょう。

 

クレジットカードを紛失したことが分かった時点で、すぐに交番に届け出たうえでクレジットカード会社に連絡すれば電子マネーの部分とクレジットカードの両方の機能が停止します。

高額支払いではサインが求められることもある

後払い式の一部の電子マネー付クレジットカードでは1万円以上の高額支払いではサインが必要になることもあります。
これもセキュリティ面で必要な措置ではありますが、やはり面倒に感じてしまうでしょう。

 

即時決済であるデビットカードやプリペイドカードであればサインは必要ありません。
サインが必要なことに不便さを感じるなら、事前チャージの電子マネーやデビットカードも選択肢になります。

電子マネー機能の選び方

通勤・通学なら「交通系ICカード」

電子マネーといえば、身近に利用できる「交通系ICカード」が有名です。

  • Suica
  • TOICA
  • ICOCA など

わざわざ切符を買う必要がなく、利便性が高いことで急速に普及しました。

 

地域によって使えるICカードは異なりますが、今では提携が進んでいるため使い勝手は良好です。
電車だけでなく、バスで利用や買い物にも問題なく利用できます。

 

2013年には「交通系ICカード全国相互利用サービス」が始まっており、1枚でも交通系ICカードを持っていれば全国どこでも使えるようになっています。

 

また、最近はポイント付与にも力が入っています。
「たとえば電子マネー+クレジットカード+ANA」といったようにポイント2重・3重取りが可能なこともあります。

 

とはいえ、買い物でのお得さにおいては後述の流通系には劣るため、あくまでも「便利に通勤・通学できるためのツール」として利用している人が多いのが現状です。

ポイント還元なら「流通系」

現在は交通系ICカードと併せて主流になりつつあるのが、いわゆる「流通系」のカードです。

  • nanaco
  • WAON
  • 楽天Edy
  • iD
  • QuickPay など

流通系の電子マネーの特徴はポイントの貯まりやすさです。

 

自社で買い物をしてもらうため、数々のポイントプログラムを用意しています。

 

「5の日はポイント2倍」などといったイベントを上手に活用することで、効率的にポイントを貯めることが可能です。

 

なお上記のうち「iD」「QUICPay」に関しては後払い型(ポストペイ)であり、事前にチャージしなくても利用可能です。請求はクレジットカードで行われます。

電子マネー機能付きのおすすめクレジットカード3選

楽天ユーザーなら「楽天Edy」

楽天Edyは楽天カードやiPhoneに付帯させて使うことができる電子マネーです。
現金によるチャージのほか、「楽天ポイントによるチャージ」「オートチャージ」など多くの方法に対応しているのがメリットです。

 

楽天カードでチャージすれば200円で1ポイントが貯まるほか、買い物でも200円で1ポイントが付帯されることでポイントの2重取りもできます。

 

なお、今持っている楽天カードにEdy機能が付いていないとしても、「楽天e-NAVI」手続きによって カード番号を変えることなく切り替えが可能です。

docomoユーザーなら「dカードGOLD」

スマホのキャリアがdocomoの人であれば、おすすめしたいのがdカードです。
なかでもワンランク上のゴールドカードである「dカードGOLD」のポイント還元率が高くなっています。

 

携帯料金とドコモ光の通信料金の支払いでは10%がポイント(1,000円利用で100ポイント)還元されるため、支払い金額によっては破格のポイントを得られます。

 

年会費が1万1,000円かかるのがネックですが、携帯代とドコモ光の支払いだけで年会費を取り戻してしまうことも可能です。

 

電子マネーとしてiDも付帯しており、1枚で何役もマルチに活躍してくれます。

交通系ICと一体になった「ビックカメラSuica」

家電量販電大手のビックカメラでお得に使える電子マネー付クレジットカードです。ビックカメラ以外にも「コジマ」「ソフマップ」でも利用できます。

 

Suicaの機能が付いていることで、普段から電車や地下鉄、バスなどの公共交通機関を利用している人ならより便利に利用できるでしょう。

 

ポイントはビックカメラでの利用のほか、Suicaをチャージするときにも貯められます。

 

チャージしたときにもらえるポイントが1.5%、さらにビックカメラでの買い物で10%のポイントになり、実質的に買い物代金の11.5%という強烈なキャッシュバックが可能です。

 

初年度の年会費は無料、2年目以降も年に1回の利用があれば年会費524円(税込)が実質無料ですから、「できるだけコストをかけずにクレジットカードを持ちたい」という方にも向いています。

まとめ

今回は2つの機能が1つになった「電子マネー付クレジットカード」を紹介しました。

 

クレジットカードを使って電子マネーにチャージすればポイントを2重取りできるうえ、財布から小銭を出す煩わしさからも解放されます。

 

一方で2つの機能がついていることで「紛失・盗難」に関してはリスクが上がるデメリットもあります。

 

万が一のときにスムーズに連絡できるように、クレジットカード会社の連絡先は控えておくなどの工夫も必要です。