MENU

ETCカードのおすすめを紹介|作り方と選び方のポイント

有料道路には一般レーンとETC専用のレーンが存在しており、それぞれで料金支払いの仕組みが異なります。

 

ETCカードを利用することでETC専用レーンを利用することができ、料金支払いが簡略化されたり割引を受けられたりと、さまざまなサービスを享受することが可能です。

 

とはいえ、ひとくちにETCカードといってもそのサービスは会社ごとにさまざまです。

 

そこで今回は、ETCカードの基本的な概要を解説しつつ、ETCカードが付帯されるおすすめのクレジットカードを紹介します。

ETCカードとは

ETCカードは「自動料金支払いシステム」のことです。英語では「Electronic Toll Collection System」と呼ばれており、その頭文字をとった略称のことを指します。

 

有料道路の料金所ではETCがないと係員と料金のやりとりを行う必要があり、ゲートを通過する前に手間がかかります。

 

ETCがあればETC専用レーンを通過することができ、停車することなく料金所を通過できます。さらに走行する曜日や時間帯ごとに割引を受けられるのも、現金支払いにはないメリットです。

クレジットカード付帯ETCカード

クレジットカード付帯ETCカードとは、文字通りクレジットカードと一緒に発行されるETCカードのことです。

 

利用するにはクレジットカードの発行が必要で、クレジットカードを申込する際に同時にETCカードも申込する運びです。

 

ETCカードの利用代金は申込時に指定したクレジットカードの利用代金と合わせて請求されることになります。

年会費無料で利用できる

クレジットカード付帯型のETCカードのメリットは、多くの場合で「年会費無料」で利用できる点です。後述するETCパーソナルカードに関しては年会費が有料なのに加えてデポジット(預かり金)が必要であることを考えると、完全無料で利用できるメリットは大きいといえます。

 

特別な維持費が必要ないため、「普段あまり高速道路は利用しない」という人でも、安心して利用できるでしょう。

ポイントが貯まる

クレジットカード付帯型のETCカードでは、ほとんどのケースで利用に対するポイントが貯まります。

 

ETCカードの支払いはクレジットカードを通じて行われるため、ETCの利用金額に応じてクレジットカードのポイントが付与されます。

ETCパーソナルカード

ETCパーソナルカードとは、高速道路6社が発行しているETCカードのことです。クレジットカードに申込せず、ETCカードだけを利用することができるのがメリットになります。

 

ただし、作成後は有料道路に平均利用額から算出された保証金(デポジット)を預託する必要があるのが注意点です。金額については高速道路利用料の約4倍、最低2万円が必要です。

 

また、クレジットカード付帯のETCカードと異なり、基本的に年会費が必要な点も知っておく必要があります。

 

デメリットが大きいため、基本的にはクレジットカード付帯のETCカードを選ぶことになるでしょう。

ETCカードのメリット

有料道路での支払いを現金からETCカードに切り替えることで、さまざまなメリットを享受することができます。

 

代表的なメリットは以下のとおりです。

  • 料金所をスピーディーに通過できる
  • さまざまな割引制度がある
  • レンタカーでもETCカードを利用できる
  • マイレージサービスがある

それぞれのメリットについて、詳細を解説します。

料金所をスピーディーに通過できる

ETCの最大のメリットは、料金所で待つことなく通過できることです。小銭の受け渡しも必要ないため、雨のなかで返金のやりとりで車内が濡れてしまうこともありません。

さまざまな割引制度がある

ETCカードはさまざまな割引制度が利用できます。曜日、時間帯、利用回数などに応じた割引など、種類や割引率は多種多様です。

 

たとえば「NEXCO東日本」で用意されている割引には、以下のようなバリエーションがあります。

  • 平日朝夕割引=平日の朝6時~9時」「夕17~20時」の利用回数に応じて還元額がつく
  • 休日割引=普通車、軽自動車等限定。土日・祝日の地方部で30%割引
  • 深夜割引=全車種対応。毎日0~4時の利用で30%割引

出典:ドラぷら|ETC割引・各種割引

レンタカーでもETCカードを利用できる

ETCカードを利用できるのは、自分のクルマだけではありません。レンタカーや友人のクルマでも、ETC車載器が設置されていれば自分のETCカードを挿入して使うことができます。

 

1台のクルマで複数のETCカードを利用することも可能ですから、ドライブで1人に支払いをさせる心配もありません。

マイレージサービスがある

ETCを利用することでマイレージサービスを利用することもできます。公式サイトか郵送で登録が必要ですが、手続きが完了すればETC利用額に応じてポイントが貯まります。

 

貯まったポイントは還元額(無料通行分)に交換のうえ、通行料金の支払いなどに利用が可能です。

 

クレジットカードのポイントとは別のため、両方を同時に貯める「二重取り」もできます。

 

また「平日朝夕サービス」の対象でもあるため、割引とマイレージポイントの両方のメリットを享受できるでしょう。

ETCカードの使い方

ETCカードはすでに利用されている人も多いでしょうが、まだ使ったことがない方の場合は「どうやって使えば良いのか分からない……」と困ってしまうこともあるでしょう。

 

そこでETCカードの基本的な使い方の流れについて解説します。

ETCカードを作る

ETCカードは、クレジットカードを発行したうえで追加発行するのが一般的です。現在はクレジットカードとは別に、ETCカードが発行されるのが主流になりつつあります。

 

すでにクレジットカードを持っているのであれば作成も簡単です。ただし、クレジットカードの年会費とは別にETCカードの年会費がかかるカードもあります。

 

年会費分をカバーできるほどポイントキャッシュバックされるのであれば別ですが、基本的には年会費無料のETCカードを選択するほうが良いでしょう。

車内の「ETC車載器」にETCをセット

ETCカードはETC車載器に車両の情報を書き込むことによって、はじめて利用できるようになります。セットアップは登録された店舗でのみで行えるため、素早く使いたいのであれば事前の段取りは欠かせません。

 

なお、ひとくちに「車載器」といっても、以下の3つの種類に分かれます。

  • 2ピースタイプ
  • 3ピースタイプ
  • ビルトインタイプ

2ピースタイプはETC車載器本体と通信を行うアンテナが一体になっているタイプです。

 

3ピースタイプは車載器本体と、料金所と通信を行うアンテナが分離しています。

 

そして最後のビルトインタイプは新車購入時に標準またはオプションによって、すでに搭載されているタイプです。

 

2ピースタイプは車外からETCカードが設置されている箇所が見えてしまうことがある代わり、比較的安価というメリットがあります。

 

3ピースは車載器本体を車内の好きなところに設置できるため、目立たないところに設置することでセキュリティ面も安全です。インテリアにこだわりがある人にも向いているといえるでしょう。

 

ETCを利用する際に気を付けたいのは、ETC車載器の購入とセットアップが必要なところです。ETCカードを使って一般レーンで決済もできますが、各種割引はETC専用レーンの走行が条件のため、一般レーンでETCカードを提示しても割引は適用されません。

 

セットアップが完了したあとは、ETCカードを車載器に挿入することで利用できます。

有料道路を利用

有料道路を実際に利用する前に「動作確認」は必須です。ETC車載器の設置やセットアップに不備があると、ETCレーンを通過しようとしてもレバーが上がらなくなる可能性があります。

 

具体的にはエンジンをかけたあとにETCカードを正しい向きで挿入し、音声案内で「ETCカードが利用可能」という案内が流れるかを確認しましょう。

 

ETCカードを車載器に挿入し、料金所にあるETC専用のレーンを利用できるようになります。誰がどのクルマで、どの路線でどの区間を走ったか」が瞬時に記録されることで、決済手続きが行われます。

後日に利用分を支払い

利用した有料道路の料金は、後日クレジットカードを使って口座から引き落としが行われます。

おすすめのETCカード3選

最後に、ETCカードが付帯されるおすすめのクレジットカードを3つご紹介します。

 

今回紹介するクレジットカードはいずれも年会費無料であり、ETCカードも利用手数料がかからないのが特徴です。付帯サービスに違いがあるものの、コストをかけずにETCカードを持てるという点では共通しています。

VIASOカード

VIASOカードは、オートキャッシュバック機能が特徴的なクレジットカードです。貯めたポイントは1ポイント1円換算で利用できます。

 

自動的にカード請求額に充当してくれるため、ポイントが失効する可能性がないのが最大のメリットです。

 

さらにETCカードの年会費は無料ながらETCの利用分はポイントが2倍なのも嬉しいポイントでしょう。ドライブが趣味ということであれば、ポイントがあっという間に貯まっていきます。

 

海外旅行保険まで付帯されるため、国内外の旅行を幅広くカバーが可能です。ただし、保険に関しては「利用付帯」であり、保険を適用するためには「日本出国前に海外旅行代金等を支払うこと」が必要になります。

 

ただ保有しているだけでは保険を利用できないことは覚えておく必要があります。

ETC年会費 無料
クレジットカード年会費 無料
ETCカード発行手数料 1,100円
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド VISA
保険
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
  • ショッピング保険:年間100万円
申込条件 18歳以上の方

エポスカード

エポスカードは、本体・ETCともに年会費が必要ないクレジットカードです。丸井グループである「株式会社エポスカード」が提供しています。

 

クレジットカードは最短即日、ETCカードも2週間前後で入手できるスピーディーな手続きもメリットです。

 

ETCカードの利用でも200円で1ポイントが貯まるほか、セキュリティ面も安心です。万が一盗難に遭った場合は届け出た日を含めて61日前にさかのぼって不正利用分が全額補償されます。

 

一般的なクレジットカードでありながら海外旅行保険が「自動付帯」されるのもメリットです。クレジットカードを利用しないとしても、所定の海外旅行保険が適用されます。

ETC年会費 無料
クレジットカード年会費 無料
ETCカード発行手数料 無料
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド VISA
保険
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
  • 救援者費用:100万円
  • 携行品損害:20万円 など
申込条件 18歳以上の方

JCBカードW

JCBカードWは、39歳以下・WEB入会限定のクレジットカードです。

 

年会費は永年無料であり、ETCカードも発行手数料・年会費無料で発行できます。

 

Wの名前のとおり、ポイント還元率常に2倍以上という高還元率が自慢です。1,000円あたり2ポイントが貯まるほか、優待加盟店の利用などの条件を満たすことでポイントが最大20倍までアップします。

 

とにかくポイント還元率にこだわりたい人におすすめの1枚です。

ETC年会費 無料
クレジットカード年会費 無料
ETCカード発行手数料 無料
ポイント還元率 1.0%
国際ブランド JCB
保険
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
  • 国内・海外航空機遅延保険
  • ショッピングガード保険 など
申込条件 18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方。

まとめ

今回はETCカードの概要と、おすすめのクレジットカード付帯ETCカードを紹介しました。

 

ひとくちにETCカードといっても、「クレジットカード付帯ETCカード」「ETCパーソナルカード」の2種類に分かれます。どうしてもクレジットカードを持ちたくない方にとってはパーソナルカードが選択肢になりますが、「年会費が必要」「年間利用料金の4倍のデポジットが必要」と使い勝手は良くありません。

 

できるだけコストを減らすためには、年会費や発行手数料が無料で利用できるクレジットカード付帯のETCカードを選びましょう。