MENU

プラチナカードのおすすめランキング5選|プラチナを持てる条件も解説

クレジットカードにはいくつかのランクが存在し、一般的には通常のクレジットカードのほかにゴールドカードの存在が知られています。

 

そしてクレジットカードにはゴールドのさらに上、プラチナカードも存在します。
空港ラウンジの無料利用や秘書のように利用できるコンシェルジュサービスなど、ゴールドカードと比較しても非常に高品質なサービスが受けられるのが魅力です。

 

今回は、数あるプラチナカードの中でもおすすめのカードを5つ紹介します。
また、プラチナカードの選び方のポイント、審査通過のための注意点なども併せて解説します。

プラチナカードの人気おすすめランキング5選

数あるプラチナカードの中でもおすすめのカードを、5つまとめてご紹介します。

JCBプラチナ

JCBプラチナカードは、国際ブランドのJCBが発行する「プロパーカード」です。

 

年会費は2万7,500円とプラチナカードとしては比較的安い部類であるのにもかかわらず、24時間365日対応可能な「プラチナ・コンシェルジュデスク」、全世界の空港ラウンジが使える「プライオリティ・パス」への無料入会など、ほかのプラチナカードにサービス面で劣っていません。

 

人気のホテル・旅館にお得な価格で宿泊できる「JCBプレミアムステイプラン」など、会員限定のサービスも充実しています。

 

そして保険に関しても文句なしの内容が付帯されます。

  • 旅行傷害保険
  • 航空機遅延保険
  • ショッピング保険

ステータスの高さだけでなく、サービスの充実度とコストの安さを両立したカードといえるでしょう。

年会費 2万7,500円(税込)
ポイント還元率 0.5~1.5%
国際ブランド JCB
保険
  • 国内旅行傷害保険:1億円
  • 海外旅行傷害保険:1億円
  • ショッピングガード保険
  • 国内・海外航空機遅延保険
申込条件 25歳以上

アメリカン・エクスプレス・プラチナ

数あるプラチナカードの中でも、もっとも年会費が高いカードとして知られているのが「アメリカン・エクスプレス・プラチナカード」です。
年会費は14万3,000円にもなります。

 

ただし、家族会員は4名まで無料のため、家族が多いほど割安に利用が可能です。

 

カードの材質はメタル製になっており、プラスチックでできているほかのカードとは一線を画しています。

 

もともとはインビテーションでしか持つことができなかったカードですが、現在は20歳以上であれば申込ができるようになりました。

 

空港ラウンジに関するサービスが特に優秀で、「プライオリティ・パス」「センチュリオンラウンジ」「デルタ・スカイクラブ」などのラウンジサービスを利用できることで世界のどこに行っても休憩場所に困ることはありません。

年会費 14万3,000円(税込)
ポイント還元率 1.0%
国際ブランド Amercan Express
保険
  • 国内旅行傷害保険:1億円
  • 海外旅行傷害保険:1億円
申込条件 20歳以上

エポスプラチナ

マルイグループである「株式会社エポスカード」が発行しているカードの中でも最上位に位置するカードです。

 

新規申込では年会費3万円ですが、インビテーションを経た場合は2万円に割引されます。
あるいは1回でも年間の利用額が100万円を超える場合、以降の年会費が2万円になります。

 

早く入会するほどにお得になっていくため、検討は早いほど有利になるでしょう。

 

さらに、年間の利用額に応じて最大10万円分のボーナスポイントを取得可能です。
貯まったポイントで年会費の支払いもできます。

 

「誕生月はポイント2倍」「よく行く店をポイントアップショップに登録すれば最大で3倍」など、ポイントをガンガン貯めたい人に向いています。
ポイントに有効期限がない永久ポイントである点も嬉しいところです。

年会費 3万円(税込)
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド VISA
保険
  • 国内旅行傷害保険:1億円(家族2,000万円)
  • 海外旅行傷害保険:1億円(家族2,000万円)
申込条件 20歳以上の方

三井住友プラチナカード

三井住友カードの中でも最上位に位置するカードです。

 

年会費5万5,000円とプラチナカードらしい値段設定ですが、家族会員は無料で利用できます。

 

会員限定のイベントに招待される「プラチナ・オファー」をはじめ、旅行に関する優待が目白押しなのが特徴です。

 

ただし、審査可能年齢が30歳からになっているのがネックといえます。
現在20代の人は、どれだけ高年収であっても審査を受けられません。

年会費 5万5,000円(税込)
ポイント還元率 0.5~2.5%
国際ブランド VISA、MasterCard
保険
  • 海外:最高1億円
  • 国内:最高1億円
申込条件 原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方

楽天プレミアムカード

楽天のハイステータスカードです。
4つの国際ブランドから好きなものを選択できるのは、他のカードではあまり見られません。

 

「プライオリティ・パス」を無料発行できるほか、海外トラベルデスクや各保険が充実しており、旅行時の快適さをサポートしてくれます。

 

楽天市場でのポイントが最大で5倍貯まることもあり、楽天ヘビーユーザーであればぜひとも作りたい1枚といえます。

 

年会費1万1,000円と、プラチナ相当のカードとしては年会費が安いのもメリットです。

年会費 1万1,000円(税込)
ポイント還元率 1.0%
国際ブランド VISA/Mastercard/JCB/American Express
保険 海外旅行傷害保険:最高5000万円

国内旅行傷害保険:最高5000万円

申込条件 20歳以上

そもそも「プラチナカード」とは

クレジットカードにさほど興味がない人でも、通常のクレジットカードの上にゴールドカードがあることを知っている人は多いのではないでしょうか?

 

実は、クレジットカードのステータスにはさらに2つも上のランクが存在します。

 

プラチナカードは、ゴールドの上に位置付けられているカードです。
金色に輝くゴールドカードと異なり、見た目は銀色から黒、差し色にゴールドが混ざるものまでさまざまです。

 

年会費はゴールドカード以上に必要になります。
2万円前後とゴールドカードと遜色ないものもあれば、10万円を軽く超える年会費が必要なケースもあります。

プロパーカードと提携カードに分かれる

ひとくちに「プラチナカード」といっても、大きく分けて以下の2つに分かれています。

  • 国際ブランドが直接発行している「プロパーカード」
  • プロパーカード以外の「提携カード」

VISAとMasterCard以外の国際ブランドではプロパーカードが発行されています。

 

年会費が高い分だけサービスが充実しているほか、いわゆる「ステータス」の面ではプロパーカードのほうが上とされることが一般的です。

プラチナカードならではのメリット

最高クラスのステータス

少しでもクレジットカードに詳しい人が見た時、ステータスがあると評価されるのはプラチナカードかブラックカードです。

 

ゴールドカードまでと異なり「メタル」「チタン」など特殊な材質で作られているカードもあり、ステータスを重視したい方には特におすすめできます。

コンシェルジュサービス

コンシェルジュサービスとは、24時間365日体制で会員のリクエストに応えてくれるサービスのことです。

 

簡易的な秘書と考えると分かりやすいでしょう。

 

旅行でのホテルやレストランなどの手配、あるいは誕生日プレゼントの手配まで行ってくれるほか、レストランに関しては「予約困難なレストランでも優先的に押さえてくれる」といったサービスまで付帯していることもあります。

 

できることは多種多様ですが、特に飛行機や新幹線のチケットの手配サービスは仕事でもプライベートでも便利なサービスです。

施設やホテルの優待サービス

プラチナカードでは、各種施設やホテルの優待サービスが行われることもあります。

 

ゴールドと同様の割引サービスはもちろん、カードによっては「年に1回、対象のホテルに無料で宿泊できる」というサービスまで付帯されています。

 

レストランの割引に関しても、対象になるレストランのグレードがそれまでより上がったり、割引率が高く(30%など)なったりと、下位のカードよりさらに一段高いサービスが受けられるのが特徴です。

世界中の空港ラウンジを使える

プラチナカードでは「プライオリティ・パス」や「ラウンジ・キー」を無料で利用できる権利が与えられます。
世界中にある空港のラウンジを利用できるサービスです。

 

海外出張や旅行の機会が多い人の場合、特に重宝するでしょう。

 

そのためプラチナカードに申込する場合、利用機会が多い空港が対象になっているかを確認することが大切になります。

 

プラチナカードであれば国内の主要空港はほぼカバーされていますが、中には一部の地方空港が対象外になっていることもあります。

プラチナカードの申込方法は2種類

インビテーション

プラチナカードは一般カードやゴールドカードまでと異なり、原則としてクレジットカード会社側からのインビテーション(招待)が必要でした。

 

今ではインビテーションなしで自発的に申し込むことも可能になってきていますが、インビテーションでプラチナカードを持てば年会費の割引が受けられるなど、サービスがより重質していることもあります。
急いでいなければインビテーションを狙うのも良いでしょう。

 

インビテーションはプラチナの下のゴールドカードの保有者に対して行われます。
まずは狙っているクレジットカード会社のゴールドカードを持つことから始めましょう。

新規申込

一般のクレジットカードやゴールドカードのように、自分から申込を行う方法のことです。

 

以前はインビテーションが主流だったプラチナカードですが、競争が激化した現在では新規で申し込みできるカードも増えてきています。

 

すでに実績が認められた状態で招待されるインビテーションと比較して審査は相対的に厳しくなりますが、多くのメリットを受けられることを考えると新規申込してみる価値はあるといえます。

プラチナカードを持てる基準

年収

プラチナに限った話ではありませんが、クレジットカードを持つ場合は審査で信用情報(クレジットヒストリー)とともに「年収」が重要視されます。

 

特にステータスが高いとされるクレジットカードの場合、年収に一定の条件が加わっていることも珍しくありません。
かつてはアメリカン・エクスプレス・プラチナでは1,000万円以上の年収が必要とも言われていました。

 

現在はそこまでの年収は求められないにしても、利用限度額に見合った年収は必要でしょう。

 

たとえば三井住友プラチナカードの利用限度額が300万円であることを考えると、安心して申込するには年収700万円前後はほしいところではないでしょうか。

下位カードの利用実績

クレジットカードのインビテーション(招待)は 1つ下位のカードを所有している人に対して行われます。
所有したいプラチナカードがある場合、下位にあたるゴールドカードを所持して利用実績を作っておくのも1つの方法です。

クレジットヒストリー(信用情報)が良好

プラチナカードに限った話ではありませんが、審査を通過するうえではクレジットヒストリーが大切になります。

 

クレジットヒストリーは信用情報のことで、個人信用情報機関に過去のクレジットカードやカードローンなどの金融商品の利用記録が克明に記録されています。

 

その信用情報内に「過去5年以内の返済延滞」「債務整理」などの記録が残されている状態の場合、審査に関しては悪影響になることがあります。

 

信用情報はクレジットカードだけでなく、携帯電話を分割で購入したときの返済や保証会社を通じて入居したマンション・アパートの家賃支払いの延滞も影響するため注意が必要です。

 

返済の延滞では最長5年、自己破産では最長10年間は記録が残り続けます。
普段から借りたお金の返済について、絶対に延滞しないように注意する必要があるでしょう。

まとめ

今回は、クレジットカードのなかでもゴールドカード以上のステータスを持つ「プラチナカード」に関して、おすすめのカードを5つご紹介しました。

 

プラチナカードはゴールドカード以上の年会費がかかる反面、空港ラウンジの無料利用やポイントアッププログラムなど、下位のカードとは比較にならない品質のサービスを受けられます。

 

カードごとに受けられるサービスが千差万別であるため、高い年会費を支払う価値があるのか見極めてから申込を行いましょう。